時間についての違い

ワイヤー矯正にかかる平均的な期間とは

さいたま市にある歯科クリニックでは、様々な歯科治療を行っています。 その中の1つが、「歯列矯正」です。 歯列矯正は歯並びを改善する事が、目的の治療です。 歯並びが悪いと見た目が気になるだけでなく、虫歯にもなりやすいので、早めに改善する事が大切と言われています。 歯列矯正の治療の種類も多様ですが、メタルブラケットによるワイヤー治療は、最も多く行われている歯列矯正です。 この治療は金属製のブラケットと、ワイヤーを使い歯並びを徐々に改善します。 時間はかかってしまいますが、症例数も多く安心して受けられる治療法です。 どのくらいの期間で歯並びが改善するかは、歯の状態など個人差により変わってきます。 ですが、平均して約2年から5年で治療は完了すると、考えられています。

日々のケアが大切なワイヤー矯正

メタルブラケットによるワイヤー矯正は、歯列矯正治療の中でも、最もポピュラーな方法と言われています。 メタルブラケットは銀色をした器具なので、治療中は口元が目立ってしまいます。 ですが、費用も他の歯列矯正より安く、また歯に力をかけやすいという事もあり、多くの歯科クリニックで行われている治療法です。 金属製の器具を歯に装着するという事もあり、最初は違和感を感じるかもしれません。 違和感は1週間もすれば、気にならなくなる方が多いので安心しましょう。 ただ、装着前とは違い、ブラッシングがし難くなっているので、虫歯や歯周病のリスクが気になります。 ですので、ワイヤー矯正を始めたら、歯科クリニックで適切なブラッシングの方法を教えてもらい、日々のケアを十分に行う事が大切です。