口元を見せて笑う

歯科には一般歯科と審美歯科と2つの種類があります。一般歯科とは主に健康保険適用ができる歯科診療のことで、殆どの人は一般歯科を利用しています。審美歯科とはホワイトニングや矯正、インプラント、白い補綴物など主に見た目や高度な技術で治療をするため、健康保険が適用できず治療費は全額自己負担になるのが殆どであります。
自費診療でも一般的にリーズナブルに利用できるのがホワイトニングです。というのも治療費が数万円ですむので、学生をはじめ女性の利用者が多くいます。人によって色素沈着や体質により歯の黄ばみ方に違いがあります。黄ばみがあると清潔感が失われ笑顔に自身がもてなくなってしまいます。そのコンプレックスを解消するため、黄ばみに悩んでいる人がホワイトニング治療をしています。

歯科医院で直接治療を行なう方法はオフィスホワイトニングと言われ、歯に直接液剤を塗り、光レーザーを歯にあてて白くしていくのです。その間痛みを伴うこともありますが、これは個人差があるため痛みが全くない人もいます。オフィスホワイトニングは通院して、その日で効果を実感することができるメリットがあります。
時間をかけて、自宅でゆっくりする方法はホームホワイトングといいます。ホームホワイトングはマウスピースを作成してもらい、マウスビースのなかに歯科からもらった液剤をいれて数時間おくことで歯が白くなります。ホームタイプは、時間をかけてゆっくりと白くしていくため1日で効果が現れることはないですが、ムラなく白くしていくことができます。一番よいのがオフィスとホームの両タイプを組み合わせると綺麗に白くすることができます。
新宿はオシャレに敏感な人が多いため、ホワイトニングをする人も多くいます。そのため新宿にある歯科医師の技術も高く、いろいろな治療方法を提案できる歯科医が沢山あります。