healthcare

定期健診の勧め

「虫歯にはなりたくない」と考える方や「いつまでも歯を健康に保ちたい」を考える方は、たくさんいることでしょう。歯の健康を守るなら、歯科クリニックでの定期健診がオススメです。

詳細を見る

時間についての違い

歯科治療の中でも最も個人差が大きいジャンルが、矯正治療です。歯列矯正を行うときには、人それぞれの治療期間が想定されます。平均的な時間として、2年から5年という期間を想定しておくと良いです。

詳細を見る

過去の歴史

矯正歯科というジャンルは、最近登場したもののように見えて、実際には古くから存在するジャンルです。古代遺跡からもその治療の装置が発見されていることから、歯並びは万国共通、時代を超えて悩まされてきた問題だとわかります。

詳細を見る

年齡や症状に合わせる

矯正を行なう目的は、歯並びを良くしていくことです。歯の位置を適切な場所に移動し、噛み合わせを治療していきます。そのため歯科医院を選ぶ時は矯正歯科を行っているのか確認して通院するようにしましょう。
歯列矯正は、歯並びの程度に個人差あるため、症状にあわせて歯の側面にブランケットという器具を装着して時間をかけて歯並びを整えていきます。矯正は子供が治療を行っている姿をよくみかけますが、実は大人になって矯正する人もいます。大人と子供とでは、歯の動き方が違うため治療する期間も違います。

本来、子供の矯正は2段階にわけて行なう必要性があります。これは成長期と関係があり、顎の大きさ骨格を考えて矯正する時と、大人の歯が全て揃ってから矯正を行なう歯列矯正とわけます。前項は主に小学校低学年の時に行います。2回目は成長期である中学生頃になってから歯列矯正をします。このように段階的に治療することで、綺麗に歯列矯正をすることができるのです。
大人の矯正は、骨がしっかりしていることもあり子供のように2段階にわけて行なうことはありません。最近は歯科技術もあがってきていることから矯正歯科での治療方法もいくつかあり、選択できるようになっています。矯正は金具が見えるのが嫌で、治療を嫌がる人が多くいましたが、現在は歯の裏側に金具を装着する方法もあり、今まで見た目がネックで治療をしなかった人でも、見た目を気にすることなく治療を受けることができます。大人の矯正後によくみられる治療にホワイトニングがあります。歯並びがよくなったということもあり、次いでに歯を白くして満足を得ています。

口元を見せて笑う

歯科医の技術とは、症例をどれだけこなしているかで図ることができます。新宿はファッションや見た目を気にする人が多くホワイトニングをする人が多く、医師の技術も高いといえます。

詳細を見る